定例役員会名城大学薬学部同窓会役員会(平成30年1・2月度)

2018年02月14日掲載

平成30年度2月度【第10回】

名城大学薬学部同窓会役員会議事次第

日 時 : 平成30年2月14日(水)19:30~  

場 所 : 名城大学薬学部新1号館6階 中会議室  
出席者 : 総数35名中12名出席(敬称略)

 

1.開会                     (伊藤副会長)

2.会長挨拶                   (青木会長)

報告事項、行事予定                                 

(1)校友会                   (伊庭副会長)

(2)企画委員会               (長谷川副会長)

(3)渉外                    (松浦副会長)

(4)情報広報                 (久田副会長)

(5)会員管理                 (黒野副会長)

(6)学内連携                 (高津副会長)

(7)総務                    (伊藤副会長)

(8)その他

3.審議事項

(1)平成29年度名城大薬学部同窓会代議員総会の進め方について

                          (伊藤副会長)

    

(2)今後の薬学部同窓会の進め方につい   (青木会長)

(3)3月3日(土)名城大学校友会三重県支部総会の参加について

   日時:平成30年3月3日(土)、午後1時より

場所:四日市都ホテル 出席者:伊庭副会長 祝儀:一万円を持参

(4)その他

4.その他

 

5.今後の検討課題

 1)代議員の見直し

 2)代議員との連携のとれる方法の模索

 3)支部との連携

 4)支部活動の活性化

 5)新入生歓迎会時の説明について

    (新入生は、後援会費と同窓会入会金が同じと考えている人がいる)

 6)6年制学生の為の中間啓発事業について(卒業生講師による薬剤師業務の説明会。

今後、大学が検討することになっている)

 7)定年退職者卒業生あるいは調剤未経験者卒業生の調剤実習教育訓練について、どこが

    担当するか?薬剤師会との連携はとれないか?同窓会にて企画立案し、大学薬学部に

    相談する。場所の提供については了解が得られている。

 8)他大学同窓会との連携はとれないか?

 9)既卒者の国家試験不合格者に対する支援方法

10)その他  

6.今後のスケジュール

《校友会》《大学関係》  

7.閉 会